自毛植毛

AGA治療おすすめ@効果ランキング【HARG療法・育毛メソセラピー他】

自毛植毛のメリット・デメリット


薄毛対策の手段のひとつに植毛がありますが、自毛植毛はより仕上がりが自然であることから人気が高いものです。メンテナンスも必要ないために、とても手軽でもあるのです。
日本ではあまり自毛植毛を行う人はいないかもしれませんが、欧米では研究も盛んにおこなわれているのです。昔より費用も安くなっていますし、安全性も高まっています。しかし、日本では植毛について経験豊富な医師も少ないために、良いクリニックも少ないのです。
そんな自毛植毛ですが、メリットは移植した髪の定着率が90パーセント以上も見込めるというところにあります。仕上がりもきわめて自然な上に、人口毛に比べて拒絶反応の心配がないのです。メンテナンスのコストもかからないのです。
一方、デメリットもあります。自毛植毛は、その名前の通り自分の毛を移植するものです。現在残っている髪の毛を移植することになりますので、量に限界があるのです。事前に今後進行していく薄毛がどの程度か考慮した上で、デザインを決めていかないといけません。
さらには、一度に大量に植毛をしてしまうと定着率が下がる関係から、あまり多くは移植できません。また、頭皮に傷跡も残ってしまうので、極端に短髪にしている場合は目立ってしまうかもしれません。ほかにも、自毛植毛は即効性が期待できるものではないというデメリットもあります。しっかりと生えそろうには移植してから半年以上は必要となるのです。
また、自毛植毛をしたことでこれまで残っていた髪が抜け落ちるショックロスというものが起こることがあります。原因は不明なのですが、抜け落ちてもまた髪は生えてきますし、全ての人に見られるものではありません。

 

タグ :

AGA治療ガイド

この記事に関連する記事一覧